fbpx

②正しい発声を身につける「声帯バランス編」

前回の記事では歌う上で必要最小限意識しなければいけないポイントをお話ししました。

(前回の記事を読んでない人はこちら

次のステップは「正しい発声を身につける」ことです。

当たり前のようですが、意外と多くの人はここが徹底できていません。

歌の悩みの中で「音域を広げたい」が一番多いと思いますが、この音域を広げていくためにまず正しい発声を身につける必要があります。

ですが、この過程をスルーして、準備もできてないのにミックスボイスの練習をしたり、自分の課題点を明確にしないままやみくもに練習していたりするので、なかなか音域が広がらないのです。

今回はこの正しい発声を身につけることについて見ていきます。

正しい発声とはどういうもの?

「正しい発声」と言ってもどういう状態が正しい発声を言うのかは曖昧にされがちです。

ここで言う「正しい発声」とは「無駄のない発声」だと考えてください。

大体の人は無駄の多い発声をしてしまっています。

 

ここで勘違いしてほしくないポイントは、

声量もあって楽に出せている状態=無駄のない発声、だとは限らないということです。

一般的に皆さんは発声の「力み」を正しい発声の指標として見ている場合が多いと思います。

力みがある=悪い発声

という考え方ですね。

確かに力みのない発声も大事ではありますが、ここで注目してほしい所は声帯閉鎖のバランスです。

声帯閉鎖のバランスが良い状態では、ノイズのないなめらかな声の質感になります。

これが無駄のない発声において大事なポイントです。

発声に力みがなくても声帯閉鎖のバランスが悪い状態になっている場合はありますので、

「力み」を正しい発声が出来ているかの指標として見るだけでは駄目なのです。

赤羽皇平

力みもなく楽に出せているからといって、無駄のない発声だとは限らない!

バランスのいい声帯閉鎖のイメージは?

声は呼気が声帯を振動させることで生じますので、

できるだけ無駄のない音の生成の仕方ができるのが理想です。

ですが多くの人は余計に声帯を強く接触させすぎたり、逆に声帯の閉鎖が弱すぎて常に息漏れが生じたりしてしまいます。

これは音の出し方としては無駄が入ってしまってるということです。

ちょうどいいバランスの声帯閉鎖で無駄のない発声を身につけていきましょう。

 

声帯は左右に一対の形をしていますが、この2つの声帯がお互いに触れるか触れないかぐらいの位置を意識します。

息っぽい声から少しずつ輪郭を付けていって、息漏れもエッジもない滑らかな声質になった時点でストップしてみてください。

そこが一番バランスの良い声になります。

この動画を参考にしてやってみてください⇓

この声のバランスを基準に自分の出せる音域の範囲で低音から高音まで出す練習をして慣れましょう。

無料特別動画講座を受ける

声帯の閉鎖感を感じられるようにしよう

上手く息っぽい声から息漏れのない声にスムーズに持っていけない人は、声帯のコントロールがまだうまくできていないと思います。

まずは息だけで声帯の開閉のコントロールをできるように練習してください

これができるようになってから、同じような感覚で先ほど話したちょうどいいバランスの発声を練習しましょう。

この練習の中で、発声しているときの声帯の閉鎖具合を感じられるようになってください。

自分の声帯の閉鎖を自由にコントロールできるようになることはとても大事なポイントになります。

まとめ

今回は正しい発声を作るための声帯バランスについてお話しました。

この内容ができるかどうかで今後の練習の効率がかなり変わってきますので、

しっかりと取り組んで動画でやってるのと全く同じような声の質感を出せるように練習しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です