男性におすすめのボイトレ練習曲(初心者~上級者)

歌の練習をする上で自分のレベルに合った曲で練習することは大切です

あまりにも音域が高すぎたり、リズムが難しすぎたりしても、出来てない部分が多すぎて自分の課題点を把握しづらくなります。

ギリギリ歌える曲から練習し始めて、少しずつハードルを上げていくようにしましょう!

初心者におすすめの課題曲

まだ発声に無駄が多く、音域も狭い人はまずテンポがゆっくりで、高すぎない曲を選びましょう。

歌の基礎を確認することを優先した選曲が大事になります。

奏(スキマスイッチ)

まず練習したい曲はこれ!

とりあえず迷ったらこちらの曲を練習しましょう!シンプルなテンポで初心者も歌いやすいです!

サビでの裏声の切り替えと、Cメロからラスサビにかけて意外と音は高めなので、高い人にとっては高い!最後まで頑張って歌い切りましょう!

低音 高音 高音(裏声)
音域 mid1D mid2G# hiA#

家族になろうよ(福山雅治)

低音域の響きを掴むならこれ!

奏が音域的にきつい場合は福山雅治さんの曲がおすすめです。

福山雅治さんの曲はそんなに高い曲はなく、テンポも難しくないので歌いやすいと思います!他の曲も歌ってみるといいです。

深く響かせる歌い方も、地声発声の響きの感覚を掴むのにいい練習になります!

低音 高音 高音(裏声)
音域 lowG# mid2E

SUN(星野源)

リズム感を鍛えていくならこれ!

星野源さんの曲も音域が高すぎなく、男性にとっても歌いやすいものが多いと思います。

キャッチーなリズムが入ってることが多く、歌うときのリズム感を鍛えていくのにもいい練習になります!

低音 高音 高音(裏声)
音域 mid1D# mid2G hiA

天体観測(BUMP OF CHICKEN)

歌いやすくてノリが良い曲はこれ!

カラオケでもみんながわかるノリのいい曲として定番ですね!

高音が苦手な人でも比較的歌いやすい曲になっております!

低音 高音 高音(裏声)
音域 lowG# mid2G#

アイネクライネ(米津玄師)

ちょっと歌い慣れてきたらこれ!

米津玄師さんの曲の中で比較的シンプルでわかりやすいメロディの曲です!

音域もそこまで高くないですが、中音域が連発で来るので意外とサビを歌うのが大変かもしれません。

少し声の出し方に慣れてきたら挑戦したい曲ですね!

低音 高音 高音(裏声)
音域 mid1C# mid2G#

中級者におすすめの課題曲

基本的な歌のリズム感がわかってきて、少し音域的にも余裕があるなら、少しレベルを引き上げていきましょう!

ちょっとリズムにひと癖ある曲や、音域や表現力が問われるなど、難しい要素が程よく入ってる曲を紹介していきます。

LOSER(米津玄師)

滑舌とリズムを鍛えるならこれ!

再び米津玄師さんの曲です!この曲はテンポが速く、滑舌も求められます。

一番高い音でhiA#までありますが、単発なので高音を当てる練習にもなります。

テンポよく歌えるように練習しましょう!

低音 高音 高音(裏声)
音域 mid1C# hiA#

未来(コブクロ)

感情のこもった歌い方を学ぶならこれ!

感情の込め方が上手いコブクロさんの歌い方は参考にするとよいです!

音域的にはそこまでハードルは高くないですが、いかに綺麗な響きの声で上手く歌えるかが問われます。

表現力の練習にはもってこいの見本にすべきアーティストですね!

低音 高音 高音(裏声)
音域 mid1A# mid2G# mid2G

ロビンソン(スピッツ)

柔らかい高音の練習はこれ!

スピッツさんの曲は音域的にmid2G#,hiA,hiBあたりが最高音になることが多く、単発でしたら頑張って出せるかもしれませんが、サビで結構頻繁にこの高さの音が出てきます。

柔らかいミックスボイスでの高音発声の感覚を掴む練習としてスピッツさんの曲は良いと思います!

低音 高音 高音(裏声)
音域 mid1F# hiB hiC#

スターライトパレード(SEKAI NO OWARI)

綺麗な声質を練習するならこれ!

セカオワの深瀬さんの声は中性的な優しく、高音域も綺麗です。

同じく軽い声質での高音域を練習することでミックスボイスのコツを掴みやすいと思います!

綺麗めな声のバランスも練習することでより歌い方の幅も増えてきますのでおすすめです!セカオワの他の曲もチェックしよう!

低音 高音 高音(裏声)
音域 mid2A hiA hiA#

しるし(Mr.Children)

アタック強めな高音発声を掴むならこれ!

ミスチルのボーカルの櫻井さんは特徴的な声をしていますが、アタックの強めなミックスボイスの見本としておすすめの歌手です。

音域はかなり高いので男性にとっては難しいかもしれませんが、最低限の力で高音を響かせる感覚を掴めるようになってくると良いです!

注意してほしいこととしては、櫻井さんの声質を真似しようとしすぎて窮屈な響きの声にしないようにすることですね。

櫻井さんの声を聴いたとき普通の人でしたら確かにちょっとタイトな雰囲気の声に感じられますが、実際はしっかりと共鳴腔を開いて声を響かせてますので、声の響きを潰しすぎないようにしましょう!

低音 高音 高音(裏声)
音域 mid1C hiB hiA#

上級者におすすめの課題曲

ここからは上級者向けの曲になります!

何を基準に上級者向けと判断するかというと、ミックスボイスの上手さを基準に見ています。

ミックスボイスは高音を出すためのものだと思われがちですが、本質は自分の声帯の動きをマスターすることにあります。

自分の声帯の使い方が上手いと、地声からヘッドボイスへの繋がりも違和感なくでき、綺麗なバランスの声で歌うことができるので、

ミックスボイスが上手い=発声の技術が高い

ということです。

プロの歌手でもミックスボイスが上手い人とそうでない人はいますので、一概に歌の上手さを発声技術のみで評価することはできないですが、

ここでは、高い発声の技術が求められる曲を中心に紹介いたします!

C.h.a.o.s.m.y.t.h.(ONE OK ROCK)

歌う体力と安定性を鍛えるならこれ!

多くの男性が憧れるワンオクのTakaさんの歌声!

この曲の場合は最高音はhiD#まで行きますが、大変なのはサビでmid2G#が頻繁に出てくる所です。

単発なら楽かもしれませんが、最後まで歌いきるための体力と高音の安定性が要求されます!

低音 高音 高音(裏声)
音域 mid1D# hiD#

異端のスター(Official髭男dism)

おしゃれな曲調での歌い方を練習するならこれ!

癖になるおしゃれさを醸し出す髭男さん!ボーカルの藤原聡さんの実力は本物ですね!

比較的高い曲が多く、普通の男性にとって歌いきるのが難しいですが、藤原さんはすごく楽にかつ綺麗に歌いこなします。

独特なおしゃれさを出す曲調も面白いので、他の曲もチェックしてみてください!

低音 高音 高音(裏声)
音域 mid1D# hiC hiG#

HOWEVER(GLAY)

太いミックスボイスの感覚の参考になるのはこれ!

低音から高音までの音域が広い曲ですが、太いミックスボイスをうまく出せないとGLAYの曲では映えないです!

太めなミックスボイスとしてTERUさんの声の出し方は参考になるかと思います!

低音 高音 高音(裏声)
音域 mid1E hiD


瞬き(back number)

柔らかいけど力強いミックスボイスを練習するならこれ!

back numberの清水さんの高音の当て方はミックスボイスの練習として参考になる所があります。

結構多くの人は地声感のある強いミックスボイスをロックバンドが出してるみたいな張り上げハイトーンをイメージしがちですが、清水さんの高音は声のアタックを強くしすぎず息の圧で音を持ち上げていくようなイメージです。

音がかなり高いというわけではないですが、意外と歌ってみると難しいので、綺麗に歌えるようになるとかなりミックスボイスの使い方も身につきます!

より無理のない高音発声を身につけるのにとても参考になるのでぜひ練習してみてください!

低音 高音 高音(裏声)
音域 mid1F mid2G# hiC

Just The Way You Are(Bruno Mars)

洋楽になりますがブルーノ・マーズの声の出し方も無理のないミックスボイスの参考になると思います。

日本の発声と海外の発声を比べると、海外の方が柔らかく綺麗に起声する人が多く、日本の場合はエッジの効いた鋭い発声をすることが多いです。

海外の方が発声法として健康的ですので参考にするといいと思います。

ミックスボイスに関しても、結構多くの人は硬い声質で高音を当てるイメージが強いですが、海外の発声を見てみると柔らかいがしっかりとした芯がある声になってます。

なので、実は思うほど強い声を出す必要はないということを特にミックスボイスで悩んでいる人に一番知ってほしいことです。

低音 高音 高音(裏声)
音域 mid1F hiC hiC

英語歌詞が歌いにくい人はEXILEのATSUSHIさんが日本語で歌ってるものがありましたのでこっちもいいですね!

練習曲を選ぶときのポイント

以上男性におすすめの練習曲を紹介いたしました!

人によって歌いやすい歌いにくいなどもあるので、一概に初心者向けか上級者向けかというのは視点によって変わってくるので、あくまで目安として参考にしていただければと思います!

練習曲を選ぶときのポイントをまとめますと、

初心者向け:

発声の基礎を固める目的で、ある程度余裕を持って歌える曲を選ぶこと

 

中級者向け:

発声に慣れてきたら少し音域の高い曲やテンポの速い曲に挑戦し、より器用に自分の声をコントロールできることを目的にする。

 

上級者向け:

ミックスボイスの使い方をより上手くしていくことを目的として、低音から高音への繋がりが難しい曲やいろんな音色の声を駆使していく曲を選ぶ

いつも話してることですがステップを踏んで練習することで効率よく上達できますので、自分のレベルに合った曲を練習することが大事になります。

ここで紹介していない曲でも上のポイントを踏まえて、自分のレベルに合っているかチェックしてみてください!

自分の課題がわからない場合は気軽にLINE@の方に相談していただければアドバイスできます!

友だち追加

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です