母音強調発声で歌が聴きやすくなる

ボーカルが何歌っているか聞き取れない

皆さんはライブを観に行ったことはありますか?

学園祭での軽音部のライブ、外のライブハウスやイベントでのバンドのライブ

見ているとカッコいいと思いますよね(^▽^)

 

しかし、残念だと思うこともあります。

特にバンド編成でのライブに多いんですが、

「ボーカルが何歌っているか聞き取れない」

という現象です。

 

バンドになりますとギター、ベース、ドラム、キーボードなどいろんな楽器が大音量で入り乱れますので、

ボーカルが埋もれやすいという問題も原因の一つですが、

ボーカル自身も発音がしっかりとできていない場合が多いです。

無意識に曖昧な発音をしてしまう

自分の知っている曲ならまだしも、

知らない曲の場合は余計に歌詞が聞き取れない

ライブを見たことがある方なら経験したことはあると思います。

 

ボーカル自身はちゃんと発音しているつもりでも、

実際は発音が曖昧になってしまうケースが非常に多い。

普通に会話している分にはこういう問題はあまり起きないですが、

なぜ歌になるとこの現象が起こるのかと言うと、

 

「言葉」を伝えるつもりで歌ってないからです。

音を当てることに集中しすぎて、無意識に曖昧な発音になってしまうのです。

 

そういう歌い方の方がかっこいいという場合もあると思いますが、

はっきり歌ってるつもりなのに、曖昧になってるのならそれは直すべきです

バンドで歌ってる人は一度ライブでの自分の歌を録音して聞いてみるといいです

 

メッセージ性やストーリー性のある曲でしたら、はっきりと歌詞が聞き取れた方が断然良いです

テンポが良く聞こえますし、なにより心に響く歌になります。

ぜひ、聴く人に「言葉」を伝えるように歌ってください!

母音を強調して歌う

母音とは「あ・い・う・え・お」のことです。

発音上「a・i・u・e・o」と表記します。

 

そして、子音というのもあります。「k・s・p…など」

 

日本語はこの子音の母音の発音で成り立っています。

例えば、「か」は「k(子音)a(母音)」、「し」は「sh(子音)i(母音)」、「つ」は「ts(子音)u(母音)」

という感じです。

 

歌うときに母音をはっきり発音することで、聞き取りやすくなります。

「か」を「kA」とはっきり発音する。

そのときに口も大きく「あいうえお」の形に動かすとより良いです。

 

これを意識するだけでだいぶ歌の印象は変わります。

歌に説得力が出て、テンポよく聞こえるようになり、聴く人も安心して歌を聴けます。

 

歌を録音している人もこれは意識すると良いです

録音していて、なんかボーカルが弱い感じがしたらぜひこれを行ってください。

 

今日からでも意識してできるテクニックですので試してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です