fbpx

ミックスボイスの感覚

イメージは「ギター」と同じ

歌に興味を持って、自分で調べたことある人なら「ミックスボイス」という言葉はよく耳にすると思います。

 

「ミックスボイス」という言葉自体は説明しやすくするために誰かが付けた名前です。

それがあたかも特別な発声法のように捉えられ、難しく考えてしまう人がたくさんいます。

 

ただ、難しく考えてしまうほど迷走してしまいます。

発声の仕組みで見たら、地声・ミックスボイス・裏声はどれも息で声帯を振動させ、声を作っているのです

これをギターに例えるとわかりやすいですが、この考え方はこちらの記事に書いてますので読んでみてください

ミックスボイスの本質とは?まずこれを理解する必要がある!

つまり、無理なく高音まで伸ばすには声帯を少しずつ薄い状態に持っていく必要があるということです。

ヘッドボイスに近づけていく感覚

ミックスボイスとは「地声とヘッドボイスの繋がりの部分」を言います。

ミックスボイスを出しているときの感覚は?

という疑問を抱いてる人も多いですが、感覚としては地声の声帯の状態から、少しずつヘッドボイスの声帯の状態へゆっくり変化させていく感じです。

ですので、まず地声とヘッドボイスそれぞれを出しているときの声帯の感覚をまずよく覚えて安定して出せるようにならなければいけません。

地声声帯が太い

ヘッドボイス声帯が薄い

ミックスボイス太い薄い

このイメージがなんとなくできると、ミックスボイスの感覚も少しずつ見えてきます。

無料特別動画講座を受ける

発声の感覚はトイレで学ぶ

声帯の使い方のイメージがわかったら声区融合の練習をして、実際に声帯の状態を移行していく練習をして、地声とヘッドボイスを繋げていきます。

声区融合についてはこちらの記事⇓

換声点をなくすには?柔らかい発声が必須!

今度はミックスボイスを発声するときの感覚です。

声を出すときは声帯のコントロールだけでなく、息も吐かなければいけません。

ですが、ミックスボイスを発声するときに声帯はどんな感じがするのかよくわからないと思います。

 

それはトイレで踏ん張っているときの感覚に近いです。

 

いきなり下品な話になって申し訳ないですが(^^;

トイレで踏ん張っているときは、お腹に力を入れて「ふんっ~~~!」と力みますね。

そのときに外に出ようとする息を声帯で塞き止めます。ミックスボイスを発声するときはこの息の吐き方の感覚を意識します。

声帯で狭い隙間を作り、そこから息が頑張って外に出ようと圧をかけている状態ですね!

まとめ

ここまでの話をまとめると、

声帯の感覚は、高音に行くほど少しずつ声帯を太い薄いへ移行させる感じ

息の吐き方の感覚は、トイレで踏ん張っているときの感覚

このイメージができるからといって、簡単に綺麗で力強いミックスボイスが出せるわけではないですが、参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です