腹式呼吸のコツ・裏技

腹式呼吸の間違った捉え方

腹式呼吸について聞いたことがある人は、

腹式呼吸はどのように息を吸うと教えられましたか?

 

よく言われるのが

「息をお腹の中に入れる感じに吸いましょう」

です。

このイメージは悪いとは言いませんが、正確には少し感覚が違います。

吸った息はお腹ではなく、肺に入ります。

空気が入ることによって肺が膨らみますので、

腹式呼吸では肺を下方向に膨らませるイメージで行います。

 

「お腹に空気を入れる」「肺に空気を入れて下方向に膨らませる」

この2つの意識の仕方が違えば、呼吸するときの筋肉の動き方も違います。

 

「お腹に空気を入れる」という捉え方では必要ない筋肉まで緊張させてしまう場合があります。

間違った筋肉の使い方を覚えてしまうため、正しい腹式呼吸のイメージを頭で理解しておいてください

息を吸ったときに肺を下方向に膨らませるイメージです。

肺が下に膨らむことを意識できると、横隔膜が下がることを意識できます。

呼吸はこの横隔膜の上下運動でコントロールするので、この横隔膜の動きが安定すれば歌も安定してきます

 

発声してるときに声が震えてしまう人や、息を使いすぎてすぐに息切れをしてしまう人は、息を吐いているときの横隔膜の動きが安定してるか確認してみてください

自動的に腹式呼吸になる裏技

腹式呼吸の感覚がなかなか掴めない人のために、

自動的に腹式呼吸になる姿勢を2つお教えいたします。

 

これらの姿勢を取って普通に呼吸するだけで自然に腹式呼吸になります。

これで腹式呼吸の感覚を掴んでください。

①座ってできる姿勢

  • 手順1
    まず椅子に浅く座り、上体をまっすぐにします。
  • 手順2
    足を肩幅より少し広く開き、両手を足の付け根に置きます。
  • 手順3
    上体をまっすぐにしたまま前にかがみます。
    (両手をふくらはぎとお腹で挟む感じ)
  • 手順4
    そのまま楽に呼吸するとお腹が膨んで、腹式呼吸になってます!

これは手を挟んで前かがみになることで、肩がロックされて、

胸式呼吸ができない状態になっているので、自然に腹式呼吸になるのです

②立ってできる姿勢

  • 手順1
    姿勢よく、まっすぐ立つ
  • 手順2
    両腕を前に伸ばして手を合わせる
  • 手順3
    楽に呼吸するとお腹が膨らみ腹式呼吸になります

両腕を前に伸ばして手を合わせることで、胸の動きをロックして胸式呼吸ができないようにしています。

 

腹式呼吸の感覚をなんとなく掴めましたか?

この2つの姿勢を取りながら歌ってみましょう!

 

普通に歌っているときとこの姿勢で歌っているときを比べてみてください。

歌いづらいと感じる部分があるかと思います。

そこが、普段胸式で歌ってしまっている部分です。

 

この姿勢を取ったまま歌っても楽に歌えるまで繰り返し練習することで、歌っているときの呼吸の仕方がわかってきます!

ぜひ実践してください!

2 Comments

なつ

質問なんですけど、今自分は30秒息を吐く練習をずっとしています。最近ギリギリ吐けるようになったんですけど、歌でまったく呼吸が安定したり、声量が上がった感じがありません。
今まで吸うときにお腹を膨らませる感じでしてきたので、このブログを見たときに、肺を下方向に膨らませるような感じを試して見ました。
お腹で膨らんだ時には割と吐く時に力が入ってた感じがありました。
このブログの方法を試してみてたら、適度に力がある入っていて自然とできた感じがしました。ですが、まだ横隔膜の柔軟性などが劣っているのか、20秒ほどしか続きませんでした。
逆にお腹を膨らませるのは30秒いったんですけど、どうしてなのでしょうか。
また、肺をした方向に膨らませるというのはどういった感覚なんでしょうか。少なくともおへその上あたりのお腹がすこし膨らむと思うですけど、どうなんでしょうか。
教えてください。

返信する
akabakohei

考え方は合ってますが、実際にやってるときの感覚にずれがありそうですね(^^;
基本的に呼吸は、自分の発声を邪魔しないことを優先してください。
肺を下方向に膨らませる意識でやって発声しにくいようでしたら、その考え方は自分にとって合わなかっただけです。
お腹を膨らませる感覚でやったほうがやりやすいなら、結果的にそっちの方が正しい呼吸の仕方になっているかもしれません。無理に変える必要はないですね!
おへその上あたりのお腹が膨らむ感じは合ってますよ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です