自分に合った効果的なボイトレ教室を見つけるには?

感覚的な説明は危険である

発声というのは、感覚的な部分が多く含まれています。

僕はあなたの発声の感覚を知ることはできないですし、

喉をそのまま取り出して、発声しているときの様子をリアルタイムで見ることもできません。

(内視鏡を用いて発声しているときの声帯の動きを見ることができますが実現的ではありません)

 

ボイトレの講師が生徒に対して歌を教えるときは

いかに生徒が自分の課題点に気づけるかが重要になってきます。

 

しかし、中には抽象的な説明で終わらせる講師もいます。

抽象的な説明をしてしまうと誤解が生まれやすいです。

 

一例を挙げると、

お腹に力を入れて声を出して!

というのは腹式呼吸の基本としてよく言われることです。

 

ただ何となく腹筋に力を入れればいいのかと言ったら、実はそうではない。

ちゃんと発声に活かされる力の入れ方というのがあります。

ここで間違った解釈をしてしまうと、無意味に力を入れていることになり、腹筋が疲れるだけです。

 

この誤解を持ったままでいると、後のボイトレにも影響が出てしまいます。

生徒がその誤解に気づかなければずっと行き詰まったままになります。

 

だから、ボイトレを学ぶときは仕組みを理解しながら行うことで効率よく上達することができます!

 

ボイトレ教室に通えば理想の歌声は手に入るのか?

ボイトレ教室には、ボイストレーナーが在籍していて、

生徒に対してボイトレレッスンを行っています。

 

どこの教室に入っても、あなたの理想とする歌声は目指せるのでしょうか?

 

答えは、そうとは限らないです。

 

ボイストレーナーは歌や発声の知識は持っていますが、教えるスキルがない場合があります。

スポーツにおいて、名選手であった人が指導の道へ進んでも、名コーチになるとは限らないのと一緒です。

実力はあったとしても、良いボイストレーナーであるかどうかはその人の教える技術によって決まります。

 

また、指導のスタイルが自分に合うかどうかも考えるべきポイントです。

ボイトレは人それぞれで考え方もやり方も違ってきます。

自分にとって一番しっくり来る説明をしてくれる先生を探すことが大事になります。

 

有名な歌手だったからとか、プロの歌手を育ててきたから、といってその人が自分にとって相性の良い先生とは限らないのです。

プロ目線よりも、初心者向けに説明してくれる人の方が、今の自分のレベルに合った取り組み方を教えてくれる場合だってあります。

 

どんなボイトレ講師でもあなたを基本が出来ているレベルまでは引き上げられると思いますが、

そこから先はあなたが積極的にボイトレ講師から知識を吸収してほしいのです。

 

基本が出来上がっていれば、知識からどのように応用・練習していけばいいのか、自分でなんとなくわかるようになっているはずです。

理想とするレベルに到達するには、あなたが自ら向上心を持って歌に取り組むことが重要です。

 

受動的な姿勢でいられるのは基本まで!

そこから先は能動的な姿勢で取り組みましょう!

 

自分に合ったボイトレ教室を見つけるためには

どのボイトレ教室・講師がいいかは正直、直接アドバイスを受けてみないことにはわかりません。

以下のポイントを満たしている講師は良いと思います

  • 自分の課題点を的確に分析し、それに対して適切な練習方法を提案してくれる
  • 感覚的な説明だけではなく、論理的な問題解決の説明ができる
  • 自分の悩みを理解し、共感してくれる
  • 上級者目線ではなく、自分のレベルに合った説明に合わせてくれる

 

逆に、こういう人はあまり良くないです。

  • マニュアル的に淡々と同じ練習ばっかりさせられる
  • 感覚的な説明で、問題解決のイメージがしづらい
  • あまり自分の悩みに対して共感していなさそう

 

ボイトレ教室の体験レッスンに参加し、以上のポイントを踏まえてしっかり自分の課題解決に寄り添ってくれる先生なのかどうかを見極めましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です