鼻腔共鳴の簡単なやり方

響く声を出すために必要な鼻腔共鳴

鼻腔共鳴は響く歌声を作るための基本要素の一つです。

 

声の伸びを作ったり、音色の調節もできたりと、いろんな場面で意識するものになります

・音の当て方が安定しやすくなる

・細かい音程の変化がつけやすくなる

・高い音が当てやすくなる

など、うまく使うことで安定した歌声を作ることに繋がります!

今回はそんな鼻腔共鳴の感覚を身体に馴染ませるために簡単な鼻腔共鳴のやり方について解説いたします。

鼻腔共鳴の基本は鼻歌

鼻腔共鳴の基本は鼻歌になります。

鼻に人差し指を当てて、口を閉じた状態で「ん~~~」と発声してみてください。

 

鼻がビリビリ振動しているのを感じると思います。

 

このときが、口の奥(または鼻の奥)の空間に声の響きが作られている状態です。

 

これを無声音と言います

 

では無声音を出している状態のまま、口を開いていきましょう。

すると「ん~~~」と発声していた声が「あ~~~」と実際の声が出るようになります。

 

この時の声を有声音と言います

無声音で声の響きが作られていることを確認して、有声音にそのまま切り換えることによって、響きのある声を出すことが出来ます。

  • STEP.1
    無声音
    声の響きが作られてるか確認
  • STEP.2
    有声音
    響きをそのまま優しく外に開放する

このときに、声の響きが中でこもってしまって、鼻声に近い状態になっていてはいけません

どうしても声の抜けが悪くなってしまう人は、

ため息するような感覚で声を出してみてください

鼻からの息の抜けが良くなり、広がりのある響きが出しやすくなります!

鼻での声の当て方・響かせ方を変えることで表現豊かな声を出す

鼻腔共鳴で鼻に声を響かせる感覚に慣れてくると、声の響きを自由自在に調節することが出来るようになります。

 

例えば、歌にグルーブを付けたり、複雑な音程の変化でも難なく歌えるようになったりすることが出来ます。

また、曲に合わせて声質の調節して歌声の雰囲気を変えることもできます。

 

それほど鼻腔共鳴というのは歌において大事なものです。

まずは鼻歌から練習して響きを意識できるようにしましょう!

3 Comments

akabakohei

LINEでの個別コーチングは行っておりますよ!LINE@を追加していただくと詳細が見れます!

返信する
稲田延幸

おはようございます 配信有難うございます。私の欠点は低音とビブラートです
高音の響きは良いですが 低音は駄目です 又ビブラートはうたうまえは出来ますが
歌い始めると出来ません 意識して色々やってますがうまくいきません
何かよい方法ありますか?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です