裏声(ファルセット)の出し方を間違っていませんか?

裏声(ファルセット)の出し方を勘違いしているケースが多い

実は裏声の出し方を間違えている人は意外と多くいます。

裏声として混同されがちな声というのは、

弱いミックスボイス(弱いヘッドボイス)

この弱いミックスボイスを裏声と勘違いして出しているケースが意外と多いのです。

弱いミックスボイスと裏声の違い

弱いミックスボイスとは、鼻歌で歌を口ずさむときに出る高い声の出し方です。

自分ではすごく綺麗に高音を出せていると感じる声で、地声とは違う柔らかい響きなので、

最初からこの声しか出してこなかった人は、これを裏声だと思ってしまいます。

 

スポーツ観戦で「フー!!」と歓声を上げているシーンを思い浮かべばわかると思いますが、

あれが本来の裏声の響きであり、弱いミックスボイスに比べて、もっと抜けた響きの声です。

喉にほとんど力を入れず、息を多めに吐いて出しています。

まさに笛を吹いて音を出すような発声の仕組みです

 

弱いミックスボイスを出しているときの特徴としては、

・響きがこもっている

・喉が変に緊張して力んでる感がある

・吐く息の量が少ない

・声量が出なくて、カラオケで使いづらい

・裏声の音域が狭いと感じる

これらの感覚が当てはまっていたら、もしかしたら弱いミックスボイスを裏声と勘違いして出している場合があります。

 

まずはそのことに気づくことが大事です

 

裏声とヘッドボイスを混同している人が多い

僕自身の体験ですが、まだ歌に対する知識がなかった頃、ボイトレ教室に一時期通っていました。

高い声が出ないと悩んでいて、自分の中で弱いミックスボイスと裏声をどっちも分けて出せていましたが、

この弱いミックスボイスの正体が何なのか当時はわからなかったです。

 

自分の中では

裏声より芯はあって、地声よりも弱い声だけど、強く出せないから歌に使えない声

だと思っていました。

 

今なら、この弱いミックスボイスが自分が目指していたミックスボイスのベースとなる声の出し方だということに気づきましたが、

当時ボイトレ講師の方にこの声のことを聞いても「どっちも裏声だね!」と言われました。

 

意外とそこらへん曖昧なんですね(;^ω^)

 

そういうこともあって、僕の同じようにこの地声でも裏声でもないような声の正体のついて不思議に思っている人が実は多いんじゃないかと思ってこの記事を書こうと思ったのです!

他の所でもあんまりここの部分を指摘している人は少ないように思います。

 

ただ、この弱いミックスボイスの声の出し方は、声楽的には「ヘッドボイス(頭声)」の部類に入るものだと思います。

ここがミックスボイスの捉え方をわかりづらくしている原因でもあります。

ヘッドボイスと裏声の出し方の区別が出来ていない人が多いからですね

 

ただどれがどの声なのかっていう議論に関しては、自分が理解しやすければいいと思います。

ミックスボイスは、地声とファルセットを混ぜる感じ!という捉え方がその人にとって理解しやすいなら、それがその人にとっての正解です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です