喉開けの感覚を覚える

喉を開ける感覚を覚える

発声について少し調べたことがある人でしたら、

「喉開ける」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

 

「喉が締まってるから高い声が出ない」

「喉を締めてるから声が綺麗に響かない」

などと説明されることが多いと思います。

 

それで何となくは納得できるのですが、

リラックスして出せる音域であれば喉は開けるし、

高い音になると喉どうしても締まってしまう。

という状態の人が多いのではないでしょうか?

 

この「喉開け」というものに対して、

より理解を深めるために僕なりの見解も交えて解説したいと思います。

本当の意味での「喉開け」はやろうと思ってもすぐにはできない

「喉を開く」ことのイメージは、

喉の奥の空間、息の通り道、咽頭から喉頭にかけての空間

を広げるようなイメージを持たれるかと思います。

確かに、発声していく上で息の通り道のスペースを空けておく感覚は重要です。

それによって声の通りが良くなり、声も綺麗に響きやすい状態を作ることができます。

 

ただ、結構多くの人は以下のような考え方を持っていると思います。

高い音が綺麗に出ない → 喉を開けば出るようになる!

ちょっとややこしいですが、考え方が逆です。

 

本来声の高さや声のバランスを直接的にコントロールしている場所は「声帯」です。

つまり、単純に考えると喉を開いたからと言って、高い音が綺麗に出るわけではないのです。

 

声帯の使い方が効率的になって、高い音がだんだん楽に出るようになる。

喉の開きを意識して発声することで、結果的に高音の響きが良くなる、これが正しい考え方の順番です。

 

だから、「喉が締まってしまい高い音が出ません」という悩みを持っている人のほとんどは

まずその前提から間違っていると思ってください。

 

実際に僕のレッスンを受けている生徒さんも、

逆の考え方をしてずっと練習を続けては全然高い声が出ないと悩んでいましたが、

アプローチの仕方を変えるだけでみるみる音域も伸びていきました。

 

まずはこの前提となる考え方を理解した上で、

この続きを読み進めていただければと思います。

喉の開き方とは?

今までの話で、もしかしたら

じゃあ、喉の開き方を学んでも高い音は出ないじゃん

と思われたかもしれませんが、

 

歌唱において、息の通り道が空いてる感覚も大事なのです。

 

そこで、この喉の開き方について解説します。

僕が教えている喉開けの方法は…

 

何もしないことです!

 

どういうことかというと、

何もしてないリラックスした状態の喉を保つことです

 

普段生活している中で普通に呼吸している状態が一番リラックスしていて、

あなたにとって歌うときのベストの状態でもあります。

 

歌うときに、低音域から高音域まで音程が変化しても、

普通にしているときの喉の状態を保とうとしてみてください。

 

少し意識してほしいところがあるとしたら、

息が喉に引っかからず、スーッと鼻へ抜けているか。

これだけ意識していただければ大丈夫です。

 

その時に、少しでもいつもより力が入っている、

詰まっている感じがする場合は喉が締まってしまっています。

そのときはリラックスして直しましょう。

 

喉がリラックスしている状態のまま高音域まで声の高さを上げていくと、

そもそも出せなくなる音程があると思います。

 

そこからは、喉の開きではなく、

息のコントロール声帯のバランスの改善

アプローチしなければいけない音域になります。

喉が開いてる感覚を知る

「喉を何もしていない状態に保つ」と話しましたが、

 

そもそも、喉まわりの筋肉の感覚に

意識を向けたことがない人にとっては、

喉の開きを認識しづらい状態にあると思いますので、

 

実際に喉が空いてる状態とはどういう状態なのか、

どこの部分が伸びていて、どこの筋肉を使えばいいのか、

その感覚も知っていると自分の喉の状態をしっかり把握することが出来ます。

 

やり方は簡単です。

まず、一度大きくあくびをしてみましょう。

 

あくびをしたときに、喉の奥で

伸びている・張っていると感じる箇所があると思います。

%e3%81%82%e3%81%8f%e3%81%b3

上あご奥のやわらかい部分(軟口蓋)が張っている、上に釣り上がっている感じと

喉仏が下がり、首の下部・鎖骨の上あたりの喉の筋肉が少し膨れあがると思います。

 

喉を開くときに意識するべきコツとしては、軟口蓋を上に糸で釣り上げるようなイメージで引き上げる感じです

または、喉の奥に風船を膨らませて空間を押し広げる感じでも良いと思います。自分のやりやすい方でいいです!

 

今大きくあくびをしていただいてるので、

上記の箇所がかなり緊張してる状態だと思いますが、

実際に歌っているときにはそこまで緊張はさせません。

 

この縦開きの感じを少し意識してあげるだけで大丈夫です。

あとはリラックスをして息の通りに集中してください。

 

喉が空いてるかどうかの確認をしたい場合は、

口から息を吸ったときに喉奥が涼しい感じがしたらOKです!

%e6%b6%bc%e3%81%97%e3%81%84%e5%96%89

この感覚を覚えてくださいね( ´∀`)bグッ!

舌も喉開けに影響を与える

発声時に舌が固くなってしまっている人

喉を圧迫する要因になり、喉が締まりやすくなります。

 

そのため、舌をリラックスさせることも

喉開けにとって大事な要素になります。

 

これが結構難しいのですが、大体の喉を締めて歌っている人は、

苦しい音域に入ってくると舌根が上がってしまいます。

舌根は舌の奥の方の部分を言います↓

%e8%88%8c%e6%a0%b9

舌根が上がっていると喉の空間を狭めてしまいます。

舌はリラックスした状態で下あごに自然に寝かせるのが良いです。

 

ご自身の喉奥を鏡で確認してみてください。

発声しているときに舌が固くなって盛り上がり、

口の奥にある喉ちんこが隠れて見えない状態になっていないか確認しましょう。

 

ただ、歌いながら鏡で確認するのは意外と難しいので、

歌っているときに舌に力が入っているかを確認するときは、

アゴの下のやわらかい部分を指で押してみるとよく分かります。

 

舌に力が入っているとここが固くなります。リラックスできているとやわらかいです。

 

アゴの下に指を当てながらそこが固くならないように歌ってみると、歌うときの脱力の感覚を掴むことが出来ます。

ぜひ試してみてください!

喉開けの感覚がわかったらまずは楽な音域からチェック!

これで喉の筋肉の感覚や脱力の感覚が

何となくわかったと思いますので、

 

まずはご自身の楽に出せる音域の範囲で、

喉の開きを意識して発声してみましょう!

 

普段から喉を締めてしまっている人でしたら、

少し声の響きに広がりが出て、厚みが増した感じになるかと思います。

あまり変化がない人は元からしっかりと喉が開けていると思いますのでOKです!

 

少しでもこの記事が歌の練習の参考になれば幸いです(^^

わからないことがありましたら、

公式LINEで無料のボイトレ相談を受け付けておりますので、

気軽にメッセージを送ってくださいね!

3 Comments

こころ

「ア」の母音ならば舌がU字に近くなるのですが、「イ」の母音になると舌が上がってしまいます。
もし宜しければどのような練習をしたらよいのか教えていただけますと幸いです。

返信する
akabakohei

>こころさん
ご質問ありがとうございます!
「イ」と「エ」は発音の仕組み上、舌が上がってしまいます。舌を上げずに発音すると「へぇー」みたいな音になります。
基本歌っているときにリラックスして舌が固くならないようになれば大丈夫です!舌が上がっていても喉奥は狭くならないように意識してみてください(^O^)

練習方法としては、箸でもペットボトルのキャップでもいいので、箸だったら横にして奥歯で噛んだ状態で歌ってみる、ペットボトルのキャップならキャップを前歯で噛んだ状態で歌ってみると、喉開けの状態で発声できます。発音は変な感じになりますが、発声するために舌が良く動いていると思います。舌を鍛えると同時に喉開けの感覚を覚えるのに便利な方法なので、ぜひ試してみてください(^▽^)/

返信する
takafromlang8

「アゴの下に指を当てながらそこが固くならないように歌ってみる」

息をただ吐くだけならアゴの下が柔らかいまま吐くことができてます。息をながしながら声帯を鳴らそうとして軽く声帯が触れるようにすると少し低めの音が鳴ります。アゴの下も柔らかいままです。ただものすごく小さな音しかなりません。

そこから音を大きくしようとしたり高さを変えようと意図を持った瞬間にアゴの下が固くなって喉仏を引き上げようと動き出します。そうならないように意識して繰り返しトライした結果、最初の頃より柔らかさをキープして喉仏も引き上げずにできるようになってきました。

質問です。
1.目指す方向はこれであってますか?
2. 音をアからイなどに変えようとするとアゴの下が動き出しますが、これも力を入れずにできるはずでしょうか?
3. アゴの下が固くなったり喉仏を引き上げようとしたりする動きは、どの程度まで回避すべきでしょうか?本来、全く動かさずにできるものなのでしょうか?
4 出来てるのかなと思える音でもものすごく小さな音しかなりません。練習を続けたらだんだん響くようになるのでしょうか?

長々と質問してしまってごめんなさい。聴いてくれる人にちゃんと届くように歌えるようになりたいです。
ヒントだけでも頂けたら嬉しいです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です