良い声を出すにはハミングを意識して発声する

ハミングを意識して発声する

聴き心地の良い声を出すためのポイントの1つは、ハミングを意識して発声することです

ハミングとは鼻歌のことです、声を出さずに「ふんふ~ん♪ふ~ん♫」と歌うあれですね!

 

ハミングを意識して声を出すと

  • 音程が安定する
  • 声の響きがよくなる
  • ビブラートをかけやすくなる

という利点があります。

 

自分の鼻に指を当てて、鼻歌を出すと鼻がビリビリする感じがしていればちゃんと鼻歌を出せています。

ビリビリ感じない方は、息を鼻の空洞に送るようにして響かせるとできると思います。

 

%e3%81%b3%e3%82%8a%e3%81%b3%e3%82%8a

鼻歌を脱力した状態で楽に出せるように練習してください。

このビリビリする感じを覚えてくださいね!

無声音から有声音へ

口を閉じた状態で鼻歌を出します。

「ん~~~」

(ここで出している音を無声音と言います。)

 

鼻歌を出しながら、口を徐々に開けて、鼻がビリビリしている状態を保ったまま、声を出してください。

「ん~~~ぁぁああ~~~」

鼻の空洞がビリビリと響く感じがしていて声が出せていたら大丈夫です。

 

この状態が、鼻腔共鳴の響きが与えられた発声になります。

響きのある豊かな声になってると思います。

 

この鼻歌の感覚で声を出すと、音程も安定させやすいです。

これを繰り返し練習してできるようにしましょう!今までの自分の歌声とは全く安定性が違ってくると思います!

魅力のある声とは響きのある声である

人が聴きたくなるような歌とはなんでしょうか?

それは響きのある声です!

 

ミュージカルやオペラをイメージしていただけるとわかりやすいですが、とてもエネルギーのある声で聴き心地がいいですよね。

ポップスも音色は違いますが、響きのある声を出すことに関しては一緒です。

響きのない声と、響きのある声を比べたらやはり響きのある声の方が良いと思います。

しっかり響きのある声は、聴いていて心地良いですし、胸に響きます。

 

鼻腔共鳴はあなたの歌声の質を上げるのにとても大切な要素の1つです。

良い声で発声できるようになると、自分の声も少し好きになることができると思いますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です